特集
image
大人の肌作法

第9回 花楓さん

さまざまなジャンルで今、活躍しているOSAJI愛用者の方たちに、その魅力や愛用アイテムを語っていただく連載企画。 第8回に登場してくださったのは、モデルの花楓さん。モデル、アーティスト、妻、母。様々な顔を持ち、多忙な日々を送る彼女に、美しさの秘訣を聞いた。


Profile

13歳でデビュー後、その透明感あふれる魅力で瞬く間に人気に。数々のファッション誌や広告、CMなどに出演。モデル業の他にも多彩な才能を発揮し、商品デザインやアート活動“Wall Speak”なども行っている。インスタグラムは@_caede_ 。息子さん(イケメン!)との日常や愛用コスメ、日々のファッション。センス溢れるポストの数々は女子の憧れの的。

完璧な肌を手に入れても、それで
笑顔が少なくなるなら意味がない
image

透き通るような肌に大きな笑顔。花楓さんは唯一無二な存在感を放つ人気モデルだ。モデルに加え、アート活動やブランドとのコラボ商品のデザインも手がける彼女は、もうじき6歳になる男の子のママでもある。とてつもなく多忙なはずなのに、どうやってその美しい肌をキープしているのだろう?

image
image

「肌に大切なのは水分。これが長年、自分の肌と向き合った結果出して答えです。水分さえあれば、肌は柔らかくなり、ふっくら弾力が満ちる。くすみだって消えていく。だからとにかくお手入れは水分補給を重視しているんです」

image

水分補給に注力したお手入れのお供は、OSAJIのフェイシャルトナー“Muku”。 「初めて使ったときから魅了されました。私の肌は、乾燥する部分と皮脂が多い部分が混在している混合肌なのですが、これを使い始めてからバランスがよくなりました。普段からたっぷり使いますが、なんとなく調子が悪いときにはコットンにひたひたに含ませてコットンパックを。肌がぷるん!と蘇ります。もう手放せないほどお気に入りで、仕事の日も持参してメイクさんに使ってもらうほど」

image
image

ダンナさまであるモデルのShogoさんも密かに愛用中だとか。 「なんか減りが早いな〜と思っていたら、彼の仕業でした(笑)。『使ってる?』って聞いたら、『すごくいいね』って。香りも変に女っぽくないし、使用感もサラサラで心地いい。だから性別関係なく、シェアできるのもいいですね」

image

ローションと同じくらい溺愛しているのが、OSAJIのフェイシャルウォッシュ。 「よくあるしっとり系のウォッシュの、肌に何かが残る感じが苦手なんです。それが“うるおい”なのかもしれないけど、ヌルヌルする感触とうるおいは違う気がして。その点、OSAJIのウォッシュは汚れの“落ちてる”感がしっかりありつつ、うるおいもきっちり肌に残る使用感。ヌルヌルもせず、パサパサにもならず。洗い上がりの肌が、ほわほわ〜と柔らかくなるのを感じられ、もうこれでお手入れ終了してもいいかなと思ってしまうほど。ローションとの相性も抜群で、肌にのせると保湿成分がキュン!と入っていくのを感じます。このフェイスウォッシュとローションは、私の中で“廃盤になったら困る”アイテムの筆頭ですね」

image

子育て中のため、お手入れは極力シンプル&効率重視。それが、肌も心も健やかでいる秘訣だそう。 「息子が寝た後が美容タイム。とはいえ、あんまり夜更かしはできないから、とにかく効率重視で、塩をたっぷり入れたお風呂にパックしながらつかったり、ネイルを塗ったりします。でも、『これができなかった、あれもできなかった』とくよくよせず、できることをやる。食事も同じ。家での食事はなるべく体にいいもの選ぶようにしているけど、外食時には神経質にはなりません。というか、めちゃめちゃゆるいですね。いろんなことを気にしまくって完璧な美肌を手に入れても、それで笑顔でいられないなんて、本末転倒だと思うから」

趣味・サウナ。息子を
サウナマスターに育てたい!
image
image
image

「とにかくサウナが好きなんです。ダンナと喧嘩したときはサウナで気持ちを落ち着けるし、なんだか落ち込む日もサウナへ。サウナって、ポジティブな気持ちになれるんですよ。体調がよくて時間が許せば、週4日は言ってますね。サウナと水風呂、温・冷を繰り替えすことで、自律神経も整うし、肌もかなりキレイになる。その証拠に、よくサウナで会う、サウナ好きのオバちゃんたちは肌が本当にキレイ! しかもみんな元気で病気知らずだそうですよ」 長い時ではサウナと水風呂を繰り返して、2時間くらい過ごすという。 「家族揃ってサウナ好き。家の近所だけじゃなく、遠方のサウナにもよく足を伸ばします。息子はまだ小さいので大人ほどは入っていられないけど、英才教育してサウナマスターに育てたいですね」

大親友みたいな夫婦で
ずっといたいと思っています
image

出会って1ヶ月でプロポーズをされたというダンナさまとは今でも仲良し。 「結婚8年目ですが、ずっと大親友みたいな関係でいたいなって思ってます。夫婦って長く一緒にいると言葉も態度も雑になりがちじゃないですか。忙しくて気持ちに余裕がないときには『ちょっと、これやってよ!』みたいな強くて雑な言い方をしたくなることも。でもそこはぐっと我慢して、今の状況やどうして欲しいのかを伝えます。とはいえ、喧嘩はよくしますよ。二人とも、我慢せず言いたいことは口に出すので。でも、溜め込んだりしないから、大爆発も起こらないし、やっぱり考え方が一緒なので話し合えば、思い描いているゴールは一緒だということがお互いにわかる。そこが私たち夫婦のいいところなのかなと思ってます」 そう言いながら明るく笑う彼女の笑顔は、ハッピーオーラに満ち溢れていた。

image

image

Muku 200ml ¥2,100(税別)
「なくなったらどうしよう! と思うくらいのお気に入りローション。温泉に入った後の肌みたいに、もちもちします。たっぷり入っているので、気兼ねなくバシャバシャ使えるのもいいですね」

Muku 200ml ¥1,800(税別)
弱酸性の洗浄成分で優しく洗い上げる洗顔料。「洗い上がりのすっきり感、しかも乾かない使用感。どちらも素晴らしい。しかも、これで顔を洗った後に化粧品を使うと肌にグングン吸い込まれるように浸透するんです! これもスキンケアの必需品。」。



次に使ってみたいOSAJIはコレ!
image

Urara(春限定の香り) 100g ¥1,600(税別)
もっちり泡で洗顔するたびに肌が変わる! と話題の “半熟石鹸”の春バージョン! ローズマリーとラベンダーの精油をブレンドした優しい香り。「ジャムみたいなパッケージがおしゃれだし、この香りもすごく好み。フェイスウォッシュ派だったけど、これも使ってみたい!」

image

kokyu 500ml ¥2,500(税別)

kokyu 200g ¥2,500(税別)
セージやティーツリー、ローズマリー、レモン、オレンジをブレンドした思わず深呼吸したくなるような爽やかな香り。「お手入れのアイテム選びは使用感だけでなく、香りを好きになれるかも大事にしています。この“kokyu”は、万人に愛される爽やかな香り。男性にプレゼントしても喜ばれそう。OSAJIのヘアケアアイテムの優秀さは噂には聞いていましたが、それにこの香りがついてくるなんて、最強ですね!」

STAFF_ Photograph 花盛友里 / Hair&Make 加藤恵 / Writer 中川知春
share
最新記事
大人の肌作法
第9回 花楓さん
第8回 草場妙子さん
第7回 伊藤まさこさん
第6回 エモン美由貴さん
第5回 高橋有紀さん
第4回 YUCALIさん
第3回 宇藤えみさん
第2回 高橋愛さん
第1回 ショコラさん
おさじの処方箋
第3回 精油がもたらすメリットとは?
第2回 自然派やオーガニックでも起こります。
第1回 肌にやさしくて安心と言い切れない理由
コラボ商品
草場妙子×OSAJI コラボアイテム 第二弾
OSAJI コラボハンドクリーム
草場妙子×OSAJI コラボアイテム