いらっしゃいませ ゲストさん カートを見る

オンラインショップ > OSAJI フェイシャルケア > オサジ クレイパック

image

しっかり汚れを落とす。かつミネラルで、保湿。
保湿も、毛穴対策も。


美容の火山灰配合

毛穴の汚れをOFFするだけでなく、100種類近く含まれるミネラルや保湿剤をたっぷりと補給。キメが整い、くすみが改善されることでお肌が明るくなります。


汚れをとる

カオリンと、加賀前田でとれた火山岩をくだいて入れる。普通の泥パックよりも、粒子が細かく、お肌にフィット。


毛穴ケア

毛穴からしっかり汚れを吸着。
同時にしっかりと保湿。


ミネラルがお肌に大切なわけ

ミネラルとはマグネシウム・カルシウムなどの人が生きていくのに必要不可欠な栄養素で、お肌にとっても大切な役割をしています。お肌の一番外側には食品ラップのようにたっぷりの水分をお肌のナカにキープする「角質層」という膜があります。この膜は年齢を重ねると穴があいたようになって水分をキープするチカラが弱まってしまうので。お肌の曲がり角を感じるのもここに原因があります。そこで大切なのがミネラル成分で、この膜を健やかに保つ手助けをしてくれるのです。


スタッフの声

「昔から小鼻のざらつきが気になり、ブラシやピーリング剤、スクラブなど試してきましたがどれもいまいちでした。今の仕事を始め、自社商品に助けられ前ほど気にならなくなったものの、体調を崩してしまったり、不摂生が続くと気になり始めるざらつき。そんなとき、 OSAJI のクレイパックのを使ったら、ものの5 分で!あんなに気になっていた小鼻のざらつきがなくなり、お肌の透明感まで増していたのです!!それ以降、大事な約束の前や疲れ顔の日…お肌に贅沢させてあげたいときの必需品になりました!伸びもよくお肌に負担がかからないテクスチャー、毛穴ケアはもちろん短時間でも実感できるもっちり感も大満足です♪ 」
「クレイパックにはまっていた時期があり、様々なパックをしていました。海泥やピーリング効果のうたっているものなどなど。今日は緊張の汗をかいた〜というとき、大事な日の2日前、連勤をしたときのお肌のケアに使います。香りもリラックスできますし、なにより、細かいクレイが鼻やその横の頬、おでこにぴたっと密着をしてケア出来ます。お肌に水分をたくさん入れたいときにクレイパックをつかって、丁寧に流した後にたっぷり化粧水を与えるのが心地良いです。少量でのびるので持ちがいいのもおすすめのポイントのひとつです。」


オサジ クレイパック

オサジ クレイパック

定価3,240円(税込)

[60ポイント進呈 ]

香り MUKU IBUKI SOU IKOI
 
数量
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

[容量]

180g

[香りについて]

Muku…無香料です。特に敏感肌の人には、無香料をおすすめしています
Ibuki…森林浴のイメージで、スッキリとした香り
Sou…ユズ果皮油とオレンジ果皮油を入れ優しい柑橘系の香り
Ikoi…フラワリーで、花束に顔を近づけたときのような香り

成分

水、カオリン、グリセリン、プロパンジオール、ベントナイト、ペンチレングリコール、火山岩、塩化Mg、キサンタンガム、シリカ、ミリスチン酸ポリグリセリル-10、乳酸桿菌/ダイコン根発酵液

IBUKI

ラベンダー油、ニオイテンジクアオイ油、ウイキョウ果実油、ティーツリー葉油、エンピツビャクシン油

SOU

オレンジ果皮油、ユズ果皮油、ローマカミツレ花油、ティーツリー葉油

IKOI

オレンジ果皮油、ラベンダー油、ローマカミツレ花油、ウイキョウ果実油、ティーツリー葉油、チムスジギス花油

[製造元]

日東電化工業株式会社

[使用方法]

クレンジング、または洗顔の後、水気を拭き取ったお肌に使用します。500円玉ほどのパックをとり、目の周りを避け、お顔にまんべんなく塗り伸ばします。数分ほどマッサージした後、ぬるま湯でやさしく洗い流します。その後の洗顔は不要です。化粧水などでお肌を整えてください。週に1,2回を目安にご使用ください。

[ご注意]

お肌に異常が生じていないかよく注意してご使用ください。お肌に合わないときはご使用をおやめください。傷やはれもの、しっしん等がある部分にはお使いにならないでください。本品を使用して、赤み、はれ、かゆみ、刺激、色抜け(白斑等)や黒ずみ等の異常が生じた場合、使用した肌に直射日光があたって異常が生じた場合、そのまま使用を続けますと症状を悪化させることがありますので、すぐに使用を中止し皮膚科専門医等にご相談されることをおすすめします。目に入らないように十分注意し、万が一入ってしまったときはすぐに洗い流してください。目に違和感がのこる場合は、眼科専門医にご相談されることをおすすめします。直射日光を避け、できるだけ涼しいところで保管してください。幼児の手の届かないところに保管してください。