ONLINE
SHOP
大人の肌作法
image

第16回
IENA PRESS ⻑谷川真美さん


さまざまなジャンルで今、活躍しているOSAJIの愛用者たちにその魅力や愛用アイテムを語っていただく連載企画。今回はOSAJIとのコラボネイルが話題のIENAのプレス、⻑谷川真美さん。


Profile

上質かつスタンダード。その中に旬のエッセンスを取り入れたアイテムで人気のアパレルブランド、IENAのプレスとして活躍中。どんなアイテムも自分らしく、素敵に着こなす抜群のスタイルの持ち主。センスが光るインスタグラム(@mami___hasegawa)にも注目!

OSAJI×IENAの
コラボネイルが話題に
image

OSAJIとIENAが出会うきっかけを作ってくれたのは、コラボアイテムが大ヒット中のヘアメイクアップアーティスト、草場妙子さん。「IENAのブランドサイトに“Essence of Life”という連載があるですが、そこに昨年草場さんが出てくださったんですね。その時に彼女とOSAJIのコラボレーションを知りまして。以前から、スタッフにOSAJIのメイクアイテムの愛用者が多かったこともあり、OSAJIのことは知っていたのですが、草場さんを取材させていただいたことでより一層、その世界観を知ることができたんです。そして、IENAのブランドコンセプトともすごくリンクすることも」。その後、コラボレーションの話はトントン拍子にまとまったそう。コラボアイテムとして選ばれたのは、ネイル。なぜ、数あるアイテムの中からネイルが選ばれたのでしょうか? 「メイクアイテムの中でも、ネイルはファッションと最も、関係が深いアイテムだと考えたから。私自身もそうですし、IENAのスタッフもみんな、スタイリングを考える際はネイル込みで考えることが多いんですよね。アクセのような感覚で、色や質感を選んだりして」何度も試作を重ねて誕生した3色は、IENAファンの心を掴み大ヒットに!

image

「コスメブランドとのコラボレーションは初めてで不安な部分もあったのですが、お客様にもかなり好評でした。中でもまろやかなベージュトーンのx02 Comfy〈コンフィ〉は、あっという間に完売するほどの大人気アイテムに。ちなみにx02 Comfy〈コンフィ〉は、去年の秋に購入できなかったお客様の“欲しい!”という声を受けて、今年の春に再販しました」

アクセ感覚で取り入れられる
色と質感を目指しました

2020年AWに続き、2021年SSのコレクションでも再び、コラボレーションが実現。「SSは季節柄、ペディキュアに使っても可愛い色を3色を種類リリース。AWに完売したx02 Comfy〈コンフィ〉に加え、磨りガラスのようなブルーグレーのx07 Eclat〈エクラ〉、大人に似合うシックピンクのx06 Joie〈ジョワ〉

image

なんとも言えないニュアンスカラーが、どんなスタイリングにもハマるし、OSAJIらしい色の名前にもうっとり。それにコロナ禍の影響でなかなかサロンに行けない今、さっと塗るだけでオシャレにきまるネイルは、すごく便利ですよね。スタッフたちにも大人気ですし、SNSでも『IENAとOSAJIのコラボネイル、ついついポチっちゃう』なんて投稿も目立っています」

指先は常に美しく保つこと
母の教えをずっと守っています
image
image
image

「実は私自身、指先のオシャレには思い入れがすごくあるんです。小さい頃から母に、『爪はいつもキレイにしていましょうね』と教えられて育ったんです。小さい頃、オーブントースターで指を火傷したことがあったのですが、家族がびっくりするほど慌てたのを今でも覚えています。それに手元って、その人の暮らしぶりやセンスが如実に現れる部分。だから、会社のデスクにはハンドクリームを2~3種類常備して、肌の状態や気分に合わせて使い分けています。乾燥が気になる際にはこっくり系のボディオイルを擦り込むことも。ネイルまわりのアイテムも低刺激なものが好き。OSAJIのネイルリムーバーは、ツーンとした匂いもないし、むしろいい香り。しかもスルッと落とせてノーストレスなところが気に入っています」

image
すべてを完璧にするのではなく
“余白”を感じるメイクが好き
image

IENAのプレスとして、雑誌などに登場することも多い⻑谷川さん。その際のメイクは、完璧よりもヌケ感を意識しているそう。

image

「薄~い顔に憧れているんです。バッチリメイクよりもその方が、いろんなファッションを楽しめる気がします。だから、アイラインやマスカラでがっつり盛るというより、どちらかと言えば引き算するメイクが好きですね。アイラインは基本使わずに、眉はあえてのボサッと感を意識したりして。そこに、透明感あるラメやカラーマスカラで遊びを入れるメイクをすることが多いですね。もちろん、ネイルもスタイリングを構築する上で欠かせない要素。これからの季節は、秋冬ということもありレザーやウールといった、重い印象の素材を着ることが多くなるので、手元に持ってくる色=ネイルは少し軽やかさを意識するとバランスがよくなると思います。その点で言えば、春夏にリリースしたx02 Comfy〈コンフィ〉、x06 Joie〈ジョワ〉、x07 Eclat〈エクラ〉は春夏だけでなく、秋冬の装いにも似合う万能カラー。中でも、うっすらブルーがかったグレーのx07 Eclat〈エクラ〉は、今日みたいなモノトーンスタイルと相性抜群です。

image
image

ファッションとメイク。その絶妙なバランス感覚を持つ⻑谷川さんの日々を、これからもOSAJIのアイテムが彩っていく。


image

x01 Encore〈アンコール〉/ x02 Comfy〈コンフィ〉/ x03 Chic〈シック〉/ x04 Lumiere〈ルミエール〉/ x06 Joie〈ジョワ〉/ x07 Eclat〈エクラ〉
各 ¥1,870(税込)

※数量限定のため無くなり次第販売終了。

IENAの世界観をOSAJIが表現したネイルカラーたち。21SSの新作は、x06 Joie〈ジョワ〉と、x07 Eclat〈エクラ〉。そして熱いラブコールによって再登場したx02 Comfy〈コンフィ〉。x06 Joie〈ジョワ〉は、⻘すぎず、白すぎず、絶妙なくすみを含んだニュアンスピンク。一度塗りだとちゅるんとしたツヤ発色に。細かいシルバーパールの上品な輝きも素敵です。x07 Eclat〈エクラ〉はブルーとグレーの中間のような曖昧カラーに偏光パールが奥行きのある輝きを放つカラー。透明感も出るし、ファッションにもよく合います。細かいゴールド入りのベージュは今回も一番人気! 品の良いところもお客様に人気です」

image

W02 Amaoto〈雨音〉 ¥2,200(税込)
さらりと塗っても重ねても美しいパウダーアイシャドウ。「薄〜く塗るとラメだけが光を放つので、リップを強くしたい日に重宝しています。⻩みを感じない発色でまぶたそのものがくすまないところが好き。キレイめでもカジュアルでも使える名品です」(⻑谷川さん)

03 Takarabako〈宝箱〉 ¥2,640(税込)
唇に潤いと洗練を灯す色づきのリップバーム。「自分の血色の延⻑みたいな色づきだから、食事とかちょっとお茶を飲むときにマスクを外した時にちょうどいい血色感。やわらかなテクスチ ャで鏡を見なくてもスルスル塗れるところも魅力です」(⻑谷川さん)

⻑谷川さん着用アイテム
シャツ、スカート(イエナ) ネックレス(モダン ウェービング) ブーツ(バスクッチ) / 全てイエナ(https://iena.jp)


STAFF_ Photograph 花盛友里 / Writer 中川知春
share
大人の肌作法
第16回 ⻑谷川真美さん
第15回 比留川游さん
第14回 武智志穂さん
番外編 おうちで大人の肌作法-メイク編-
番外編 おうちで大人の肌作法-スキンケア編-
第13回 今宿麻美さん
第12回 石野千尋さん
第11回 Kanocoさん
第10回 Kazumiさん
第9回 花楓さん
第8回 草場妙子さん
第7回 伊藤まさこさん
大人の肌作法 TOP