前編はこちら >>
幅広いお客さまから高い評価
OSAJI の商品とサロンの親和性について
image


THE ORIENTAL JOURNEYのお客さまは、サロンのホームページを読み込んだ上で来てくださる方ばかりとのこと。その内訳は、やはりエコロジー意識の高い方や化学物質アレルギーのある方が多いのでしょうか。

「いえ、環境意識の高い方は全体の半分くらいですね。どちらかというと、おしゃれをしたいけど環境のことが最近ちょっと気になってきたとか、サロンに来ておしゃれを楽しむことで途上国支援もできるのが良い、というお声が多いです。気軽な1歩として選ばれていることが、僕としても嬉しいです。なぜなら、健康を害さないことを徹底したら、おしゃれを楽しむことは難しくなってしまう。それは環境への配慮についても同じで、移動はすべて自転車で、スマホも一切使わず、というのはほぼ不可能な時代ですよね。 一方通行や二者択一を強いらない、お客さまに我慢をさせない、という想いはサロンのコンセプトの基盤です。おしゃれを楽しむこと、人体へのやさしさ、環境への配慮、どれも諦めずに心地よさを追求する。なので、施術の制限は設けずにパーマもカラーも受け付けています。安全性というところでオーガニックを重視していますが、お客さまの中にはケミカルが苦手でナチュラルなものが良いと思って使ったヘナが合わなくて、という方もいらっしゃるんです。ケミカルであっても肌にやさしいものは探せばあるし、僕は1つの立場に偏る必要はないと思っています。そのあたりのバランス感覚を評価してくださるお客さまが多かったことが、実はOSAJIのスキンケアを取り扱いたいと思った理由でもあります」

image


「香りやパッケージなど、おしゃれ度を下げることなく、肌にとって安全性の高い成分が精査されているOSAJIは、BIO HOTELS JAPAN認証とスタンスがとても近いように思います」と猿田さん。お客さまからの第一声でやはり多いのは「香りが素敵!」というもので、パッケージの雰囲気もあってか男性からも好評とのこと。

「KAIシリーズは、目の肥えた50代〜60代のお客さまに好評です。ただ、皆さん気に入って愛用されるようになると、オンラインや店舗で購入されるようになるので…うちで買うことはなくなっていくという(笑)。そういった意味ではここは“良いものを知ることができる場所”ということで良いと思っています。うちに置いてあるものはきっと上質なはず、というお客さまからの信頼を感じられることが励みになるので。お客さまにお出しするコーヒーやハーブティーもフェアトレードのものを扱っているのですが、最初からフェアトレード云々という説明を押し付けることはしません。『美味しいですね』と言っていただけたその時に、どんな商品かをお話することが多いです。それで後日『自分でも買いました!』というご報告を聞けるのが理想的です」

image


THE ORIENTAL JOURNEYが考える
サステナブルな美しさとは?
image
image


施術で使うヘアケアやリネン類はオーガニック。それだけでなく、音楽はOSAJIの一部店舗でも導入しているTRANSPARENTSPEAKER(トランスペアレントスピーカー)から流れてきます。パーツの使い捨てにNOを唱え、モジュール化によるアップデートを可能にした北欧発のスピーカーです。さらにトイレットペーパーは、竹のみでつくられたBambooRoll(バンブーロール)、お客さまの衣服を掛けるハンガーはフェアトレード認証のバナナペーパーでつくられたエシカルハンガー。サステナブルという背骨がしっかり貫かれた猿田さんのセレクト眼は、空間の隅々にまで行き届いています。

image
image
image


「最近はSDGsという言葉がひとり歩きしてしまっているように感じますが、本来は“誰ひとり取り残さない”ためのものですよね。だから、フェアトレードやエシカルであることも大切にしたいです。インテリアは、アンティーク家具、伝統工芸の雑貨などを選んでいるのですが、ここに来ることが100年は持つような本物に触れていただく機会になればと思っているんです。商品を置いている棚も、国産のくるみの木の無垢材で接着剤を使わずに職人さんが作ったもの。手入れをしながら長く使える、というのはサステナビリティへの重要なヒントだと思っています」

お客さまの健康を害さず、地球も汚さず、心地よさを味わって美しくなっていただくことが、誰かを助けることにもなる。この循環が誠実に成り立っていることこそ、サステナブルな美しさであると猿田さんは教えてくださいました。

image


お客さまの半分は都内から、中には地方からいらっしゃる方もいるというTHE ORIENTAL JOURNEY。しかもこのコロナ禍に、新規のお客さまが増えているというのは、まさにヘアサロンのあり方が呼び込んだ現象。

「漆喰の壁は天然の抗菌作用があり、ウィルス対策としても優秀です。お客さまからは、こういう状況になるのを知っていたの? なんて聞かれます(笑)。広告費もゼロですが、売り上げや回転率ではなく、どんな時代にも生き残れるヘアサロンを目指した結果、こうなりました。 ヘアサロンの定番である雑誌を1冊も置いていなくとも、お客さまはこの空間と会話を楽しみにいらっしゃってくださっています。これまでのやり方で集客してきたヘアサロンにとっては、サステナブルなあり方に移行することはハードルが高いと捉えることもあるようです。 しかし、これだけ気候危機が叫ばれている中、地球の存続自体を最優先に考えない方が広い視野で見るとリスクだと思っています。次なる僕の目標は、新たに立ち上げた一般社団法人日本サステナブルサロン協会の取り組みSUSTAINABLESALON©認証ヘアサロンを普及させることです。 化粧品は良いものが増えてきましたが、全国にうちのようなヘアサロンが増えてマーケットが成立することで、これまで環境に負荷をかけがちだった美容業界全体が変わることを期待しています」

image



image
SUSTINABLE SALON©
9つの主なガイドライン

  • 1.人体への配慮
  • 2.自然環境への配慮
  • 3.空間への配慮
  • 4.エネルギー資源への配慮
  • 5.ビジョンと価値観
  • 6.水資源への配慮
  • 7.廃棄物における配慮
  • 8.通勤における配慮
  • 9.社会的配慮(ダイバーシティ等)
前編はこちら >>

THE ORIENTAL JOURNEY オーナー
猿田哲也さん

一般社団法人日本サステナブルサロン協会代表理事。
約20年にわたるヘアスタイリスト経験を経て、「これまでに培った科学技術や先人の知恵を活用し、サステナブルな方法で心身ともに豊かなライフスタイルを送る」ことをコンセプトに次世代のヘアサロン「THE ORIENTAL JOURNEY」をオープン。サロンの内壁、排水、電力、使用する薬剤やリネン、提供するドリンクにいたるまで環境配慮にこだわり、2019年7月には日本初のBIO HOTELS JAPAN(一般社団法人日本ビオホテル協会)認証を取得。

image
THE ORIENTAL JOURNEY

完全予約制[定員 1 名]
Address:千葉県柏市逆井 13-9 ユーカリビル3F 2号室
Closed:不定休
Parking:提携駐車場完備
※こちらの駐車場は売上の一部を植林事業に寄付しています