ONLINE
SHOP
image
おさじの処方箋

第10回
乾燥すると肌がチクチクしたり
かゆみを感じるのはなぜ?

秋が深まり、空気の乾燥を感じるようになると、とくにアトピー素因を持たない普通肌の方であっても、チクチク感やムズムズ感といったかゆみを感じることが増えてきます。こういった“掻痒感(そうようかん)”と呼ばれるチクチク感やムズムズ感は、刺激、肌、神経が関係することで起こります。まずはかゆみが発生するメカニズムを知って、スキンケアでかゆみのスイッチとなる刺激からガードすることがポイントです。


刺激を感知する神経が
伸びてくるからかゆくなる
image

乾燥によって肌がカサついてくると、例えばタートルネックのニットを着た時の首元や、インナーウェアのタグが当たった部分など、ちょっとした摩擦でもかゆみが起こりやすくなります。重ね着を楽しむ秋冬を快適に乗り越えるには、早めにかゆみを抑えてあげると、大きなトラブルへ悪化を防げます。

空気の乾燥、すなわち湿度が低下しはじめると、細胞と細胞の隙間からうるおいが蒸発しやすくなって角質層のバリア機能が低下します。そしてバリア機能が低下すると、肌の下では刺激をキャッチする神経が触手のように伸びてきます。チクチク感やムズムズ感といったかゆみの感覚は、異物がバリア機能か刺入しようとしている状況を神経が捉えて「その部分に異常が起きていますよ」という警告として生じているのです。

前回のコラムで「炎症によるダメージの連鎖」について解説しましたが、かゆみを伝える神経は、ヒスタミンという物質を介して脳へ「かゆい」という感覚を知らせます。ここでスキンケアによって手を打たないとかゆみが助長され、掻き壊してしまった部分はさらにバリア機能が壊れて炎症が発生、ダメージの連鎖に陥ってしまいます。

image
かゆみを止めて刺激を防ぐには
しっかり保湿が必要不可欠

神経は、体のどこかに異常があることを速やかに伝達するために働いており、とくに人体の7割を占める水分量が下がりそうな事態には敏感に反応します。そのため、かゆみを止めるために行うべきスキンケアは、体内の水分保持をサポートするためのしっかり保湿です。

おじいちゃんおばあちゃんや、春夏はとくに肌トラブルがないお子さんなど、日頃から化粧品で保湿する習慣があまりないと、秋から冬にかけて腕やすねがかゆくなり、気づけば掻き壊していたというケースはよくあります。また、言葉で不快感を伝えることができない赤ちゃんは、かゆみも含めてさまざまな不快感を泣くというかたちで伝えるしかありません。近年では、肌のチクチク感やムズムズ感などのかゆみが、赤ちゃんの夜泣きの原因の1つになっているのでは?という見立てから、体全体に保湿クリームを塗って寝かせたところ夜泣きが静まったという報告もあります。

これらのことからいえるのは、トラブルが起こってからではなく、日頃から未病・予防という観点で全身の保湿ケアをしたほうが得策ということ。かゆみを感知する神経が伸びてくるプロセスが起こらなければ、掻き壊しによるトラブルを未然に防ぐことができ、秋冬も快適に過ごせます。

水分を補って油分で保つ
理想の保湿が叶うアイテムとは
image

保湿ケアのアイテムとして、冬のカサカサにはワセリンやオイル、バームなどが良さそう、というイメージを持っている方もいるかもしれませんが、油分だけでは今ひとつです。というのも、かゆみの神経は角質層の水分量によって、伸びたり縮んだりしているため、オイルで油分を足すだけではかゆみは治まらないのです。本当の意味での保湿とは、水分を与えるヒューメクタントの保湿と、水分の蒸発を油分などで防ぐエモリエントの保湿、2つがそろってはじめて完了することを忘れないようにしましょう。

お顔の保湿においては、化粧水をつけてから乳液やクリームを塗ることが当たり前になっていても、ボディだとそれが面倒に感じてしまう方も多いと思います。そのような場合、ボディの保湿は水分と油分を一緒に補えるような乳液やクリームか、みずみずしいテクスチャーを重視するなら高分子の保護膜で潤い蒸発を防ぐゲルも良いと思います。自分が選んだ乳液やクリームは水分をちゃんと補えているのか?判断がつきにくい場合には、成分表を確認してみてください。水系の成分が最初のほうに表記されている乳液やクリームであれば、それは水分もきちんと補える商品と判断して良いと思いますよ。


乾燥のかゆみケアにおすすめのアイテム

茂田正和
1978年11月生まれ / 所属団体:日本皮膚科学会所属、 日本皮膚免疫アレルギー学会、 日本化粧品技術者会所属、 日本香粧品学会所属、 こどもを紫外線から守る会主宰、 バランスケアアソシエーション主宰 / 執筆実績:リンネル(宝島社)、 大人のおしゃれ手帳(宝島社)、 momo(マイルスタッフ)、 スキンケア大学(リッチメディア)、 フレグランスジャーナル(フレグランスジャーナル社)

image
image
share
おさじの処方箋
第11回 くすみのない澄んだ肌を保つ鍵はターンオーバーとpHの関係性にあり?
第10回 乾燥すると肌がチクチクしたり かゆみを感じるのはなぜ?
第9回 紫外線ダメージでお疲れの肌に 肌内部の炎症と対策ケア
第8回 しっとりふっくら美肌への道 キメ密度を上げるための具体策
第7回 キメの乱れが目立ちやすい時期 そもそも“キメが整っている”とは?
第6回 肌透明感のある肌になるには? 必ず水分→油分で2段階保湿!
第5回 うっかり日焼け!のその後に 美白化粧品を使うべき?
第4回 肌のために知っておきたい精油が持つデメリットとは?
第3回 然の香りでキレイを支える 精油がもたらすメリットとは?
第2回 自然派やオーガニックでも起こります。「海外の化粧品が肌に合わなくて…」
第1回 オーガニックだから、肌にやさしくて安心と言い切れない理由