ONLINE
SHOP
image
おさじの処方箋

第11回
くすみのない澄んだ肌を保つ鍵は
ターンオーバーと
pHの関係性にあり?

秋冬になると「なんとなく顔色が冴えない感じがする」という声が増えます。その理由の1つは、角質肥厚によるくすみ感です。角質肥厚とは、本来ターンオーバーによって剥がれ落ちるはずの古い角質が肌に残って積みかさなり、角質層の厚みが増してしまった状態のこと。とくにこのくすみ感と同時にゴワつきなども感じると、化粧品が好きな人は「角質を取り除くアイテムを投入しようかな」という結論に至りがちです。しかしながら角質を取り除くケアは、1歩間違うと肌を敏感にしてしまうという落とし穴もあります。なぜ角質肥厚が起こるのか、そして皮膚科学的な観点からくすみ感を防ぐのに望ましいケアについて今回はご説明しましょう。


乾燥すると角質が厚くなるのは
誰の肌にも起こる生理学的機能
image

人の肌に備わっているバリア機能は、環境の変化に対して最前線で体内を危機から守るという重要な役割を担っています。冬の到来で肌が乾燥した空気に接する時間が長くなるほど、それまでと比べて水分が蒸発しやすくなります。そのような水分の蒸発の高まりが体にとって危機的な状況と判断された場合、生理学的機能として角質が肥厚するようになります。つまり、壁を厚くして内部の水分がこれ以上漏れないよう守りを固めるイメージです。生命の維持という観点からすればこれは正しい反応なのですが、美容の観点からすればデメリットでしかありません。角質は本来グレイがかった色をしているため、角質層の厚みが増すほど、肌がくすんだ印象に見えてしまうのです。

ピーリングやスクラブなどの
角質ケアは本当に必要?
image

もともと摩擦に弱い敏感肌の方を除いて、女性は肌のくすみやゴワつきといった角質肥厚を感じると、ピーリングやスクラブ、ゴマージュといった角質除去(エクスフォリエーション)アイテムを使ってみたくなる方が多いと思います。セロテープを肌に貼り付けて剥がした時、確かにその部分は角層が取り除かれて1トーン明るく見えます。しかし、無理に角層を剥がしてしまったその部分は、外からの異物をブロックするバリア機能を人為的に弱めてしまったことにもなります。それと同じように、角質を剥がしたり擦り落とすケアというのは、自己流で行うと時にバリア機能にダメージを与えてしまうことがあるのです。

例えばですが、乾燥によって角質層が20層の厚みになったとして、肌のバリア機能にダメージを与えないよう5層だけを均一に剥がす、ということがお家でのスキンケアで確実にできるかというと、至難のわざだと思います。クリニックでは、シミを薄くする目的などで薬剤を使ったピーリングが行われており、これはあえてターンオーバーを進めてリセットする治療ですが、バリア機能へのダメージを抑えるために必ず医師がアフターケアの指導をします。

角質の肥厚を止めるには
2つの条件を揃える必要が
image

お家でのスキンケアで角質肥厚を防ぎ、適正な状態へと導くには、無理に角質を取り除く必要はありません。実は2つの条件を揃えるだけでOKなのです。1つめの条件は、保湿を徹底すること。2つめの条件は、肌のpH値を弱酸性に保つことです。この2つについては、第6回 透明感のある肌になるには?必ず水分→油分で2段階保湿!でも触れており、とくに保湿については肌の透明感を高めるのに欠かせないヒューメクタント保湿について詳しく説明していますのでぜひ参照してみてください。

今回は2つめの、肌のpH値を弱酸性に保つことについて、より詳しくお話しします。肌はpH値が弱酸性の時に古くなった角質を脱落させる酵素が働き、新しい角質が上がってくるようになっています。このpH値が弱酸性からアルカリ性のほうへ傾いてしまうと、ターンオーバーが乱れてより角質肥厚が起こりやすくなります。肌表面を弱酸性に保つには、皮膚常在菌の中でも美肌菌と呼ばれる表皮ブドウ球菌の働きが必須です。表皮ブドウ球菌は皮脂を分解し、保湿成分であるグリセリンと短鎖脂肪酸をつくり出すのですが、この短鎖脂肪酸が肌のpH値を弱酸性に整えてくれています。一方でpH値がアルカリ性のほうへ傾いてしまう原因は、悪玉菌と呼ばれる黄色ブドウ球菌の増殖です。つまり健やかな肌のターンオーバーは、この悪玉菌の増殖を抑え、肌表面の環境をつねに弱酸性に整えることで保たれるといっても過言ではありません。

外的要因で変動するpHを
小まめに弱酸性に戻して
image

肌にとって悪玉菌である黄色ブドウ球菌の増殖を誘発する大きな要因の1つに、汗があります。汗そのものは弱酸性なのですが、肌の上に残っているとpH値をアルカリ性のほうに傾けるアンモニアを発生させます。秋冬は汗の分泌が減る季節ではありますが、それでも肌はつねに微量の汗に触れています。そのため、弱酸性のミスト化粧水などで小まめに肌表面を弱酸性にコントロールすることが、ひいては角質肥厚を防ぐことにつながります。もちろん、より透明感のある肌を目指すには、保湿を徹底して水分が蒸発しにくい角質層をキープし、肌表面を弱酸性に保つ、この両輪を意識してください。そして自分が使っている化粧品のpH値を知っておくことも大事です。化粧品カウンターなどで教えてもらえると思うので、1度聞いてみるのも良いと思いますよ。


角質肥厚のケアにおすすめのアイテム

茂田正和
1978年11月生まれ / 所属団体:日本皮膚科学会所属、 日本皮膚免疫アレルギー学会、 日本化粧品技術者会所属、 日本香粧品学会所属、 こどもを紫外線から守る会主宰、 バランスケアアソシエーション主宰 / 執筆実績:リンネル(宝島社)、 大人のおしゃれ手帳(宝島社)、 momo(マイルスタッフ)、 スキンケア大学(リッチメディア)、 フレグランスジャーナル(フレグランスジャーナル社)

image
image
share
おさじの処方箋
第11回 くすみのない澄んだ肌を保つ鍵はターンオーバーとpHの関係性にあり?
第10回 乾燥すると肌がチクチクしたり かゆみを感じるのはなぜ?
第9回 紫外線ダメージでお疲れの肌に 肌内部の炎症と対策ケア
第8回 しっとりふっくら美肌への道 キメ密度を上げるための具体策
第7回 キメの乱れが目立ちやすい時期 そもそも“キメが整っている”とは?
第6回 肌透明感のある肌になるには? 必ず水分→油分で2段階保湿!
第5回 うっかり日焼け!のその後に 美白化粧品を使うべき?
第4回 肌のために知っておきたい精油が持つデメリットとは?
第3回 然の香りでキレイを支える 精油がもたらすメリットとは?
第2回 自然派やオーガニックでも起こります。「海外の化粧品が肌に合わなくて…」
第1回 オーガニックだから、肌にやさしくて安心と言い切れない理由